コウヤカンアオイ

カンアオイ種群

学名 : Asarum kooyanum

花期 : 4月下旬~5月

分布 : 紀伊半島南部、固有。


多年生草本、根茎は短い、

葉はハート形から狭ハート形、長 / 1.266、長さ4.3-8.1cm, 幅3.6-6.4cm、厚さ 平均 0.445㎜、葉の縁はふつう平ら、基部は開くまたは重なる、先端は尖るか丸い;上面は緑色から暗緑色、ふつう無地、まれに下がり藤模様、いくらか光沢あり、葉脈は弱くほぼ窪まない、葉表面縁近くと葉の縁にまばらに多細胞の繊毛あり、表面は長さ平均0.315mm、縁は長さ平均0.416mm、主、側脈に多細胞の繊毛の列あり、長さ平均0.227mm、光沢なし;裏面は青白い緑色、無毛、葉脈の隆起は弱く菁白色。 葉柄はふつう暗茶色、長さ 3.66.4cm、基部の直径平均 2.635mm、溝に沿ってまばらに多細胞の繊毛あり、長さ 0.1640.606mm、平均0.393mm

新葉 1、托葉 13

花はふつう赤紫色か赤褐色の斑点を伴い、全体として緑がかった紫色から黄茶色。単一花、腋生、地面に傾状

花柄はやや長く、長さ 8.61122.824m、平均 13.638mm;萼筒は短筒形、長さ/ 0.92、長さ 8.40013.183mm、平均10.291mm、幅8.54713.997mm、平均 11.179mm、萼筒頸部は括れないかまたはわずかに括れる、頸 / 0.916、狭い口環を伴う、幅 0.4161.097mm、ほぼ水平に張り出す、口環角度は平均 91.282度、表面に単細胞の腺毛あり、開口部はやや広い、直径平均 8.328mm、開口/筒幅 0.745、萼筒外面は花色と同じ、薄い赤紫色の細点と目立つ浅い筋あり、でこぼこあり、無毛、内面の底面は乳白色、隆起は薄い桃色、格子状、縦と横の隆起あり、縦隆起は914、平均10.529、横隆起46、平均4.529、隆起に単細胞の腺毛あり、隆起の高さ平均 0.576mm、萼筒の厚さ平均 0.398mm

縁に三裂片;萼裂片は斜めに上に広がる、広三角形、長 / 0.589、長さ 4.6408.064mm、平均 6.173㎜、幅 7.59412.647mm、平均 10.486㎜、表面は平ら、先端は少し尖る、上面の縁に多細胞の短毛あり;

下面は無毛、萼裂片は萼筒よりかなり短く、比 0.600

雄蕊は12、二つの輪状に並ぶ、基部で離生、葯は外向きで直線状、内輪の長さ 1.4462.289mm、平均 1.920mm、外輪の長さ 1.2422.297mm、平均 1.634mm、内外比 1.175、葯結合部に短い鈍頭の突起あり、花糸は短い;花柱は6個、離生、直立、先端に短い角状の突出物をもつ、長さ0.5811.332mm、平均 1.004mm、突起の先端は少し二裂、花柱の先端は開口部に達しない、花柱 / 筒高 0.653、柱頭は楕円形(涙型) 、長さ平均 0.801 mm、長さ/1.250、外向き、垂直、子房は中位(やや上位)、6室、胚珠の1室平均数 6.529

花

葉模様